眼精疲労

軽視は禁物、眼は一生モノです。
眼精疲労は他の病気のサインでもあります。

眼精疲労と眼疲労はちがう

「眼が疲れる」といった現象は日常の中でよく体感し、大抵は休めば治ります。
ときには長引き、眼の疲労感、重圧感よりも「痛み」「かすみ」「まぶしい」眼の充血が強く感じます。
更には全身に及ぶだるさ、頭や肩の痛み、吐き気、めまいなどを併発させます。
これを医学的に「眼精疲労」と呼び、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別して考えます。
眼精疲労の背景には他の疾患が潜んでいて、処置を後回しにすると症状は増悪します。

原因は?

眼精疲労は様々な原因が隠れていて、特定できれば適した処置、対処法で改善を目指します。
診察では以下4つに注意します。

  1. 眼に原因疾患がある
  2. 全身に原因疾患がある
  3. 精神的疾患
  4. 環境的疾患

1)眼に原因疾患がある

屈折の問題による場合

いわゆる遠視、近視、乱視などが関係する眼精疲労。
いずれも、物を適正に見られないので誘発されます。
見づらい状態から調節しようと眼を酷使するので眼精疲労になるのです。
斜視も含まれます。
*斜視とは、片眼は中心にあるのに対し、一方は中心から外れ両眼での正視が困難な状態です。
左右の眼の向きが違うことで物を見る際に左右の視線を合わせる負担が強制的に働くので眼精疲労が起きます。
両眼の視力に差が生じる不等像視(ふとうぞうし)も危険です。

眼の病気による場合

「緑内障」「白内障」による眼球内部の病気。
「結膜炎」「角膜炎」などの炎症疾患。
逆さまつ毛などの体質的問題。
近年増加傾向は「ドライアイ」です。
これは仕事内容がパソコンなど目を酷使する作業が増えたからです。

緑内障とは眼圧(眼球内の圧力)が高くなる目の病気です。
緑内障は治療を放置したままでいると視神経が障害され、最悪失明もあります。
白内障は水晶体が濁る病気で、視界が曇りガラス状に写り、日の光が眩しいと敏感になることが目立ちます。

2)全身に原因疾患がある

全身疾患の症状で眼精疲労を引き起こすこともあります。
高血圧や低血圧などの問題。
糖尿病、バセドウ病といった内分泌、甲状腺の異常。
月経異常、更年期障害などの婦人科疾患、自律神経系の疾患など病気の症状として眼精疲労が出ることがあります。

3)精神的な疾患

心身症、うつ病に紛れ、常に体の不調があるのも精神的疾患の特徴です。
むしろ眼精疲労には気づいていても自分がうつ状態とわからないことの方が多いです。

4)環境的な疾患

紫外線や過剰の照明などの光刺激でなかでもVDT作業で起こる眼精疲労が目立ちます。
パソコンなどでの画面操作をVDT作業と呼び、それにより起こる症状をVDT症候群と称します。
また、エアコンの風、ほこり、ごみなどは目を傷つけたりします。
有機溶剤、ガスなどの科学的刺激も影響があり、新築の建物などから体の異常を訴える「シックハウス症候群」が問題です。

眼精疲労と思ったら?

眼精疲労の原因の予想がついた時はまずは除外します。
そして眼科を受診し、必要ならば内科の診察に進みます。
特定できた疾患、原因に合わせた処置が改善の早道です。
対策①
病気が隠れてないかチェック!

対策②
メガネがあっているかチェック!

対策③
環境や生活をチェック!

対策④
ストレス発散!

最後に十分な睡眠を確保しましょう。
起きている時間が長ければ眼を使う時間も長くなるので負担がかかります。
睡眠をきちんと取ることで眼は回復されます。

眼精疲労と鍼灸

眼精疲労では眼の周りの筋肉疲労、血行不良の改善が全ての症状に効果的です。
物を凝視する際は眼周辺の筋肉、首や肩の筋肉が緊張します。
緊張がピークに達すると眼の焦点が合わなくなります。
鍼灸ではこのように固くなった筋肉を緩解、回復させます。
血流が良好になれば眼に酸素や栄養を補給できます。
眼だけではなく肩こり、頭痛といった局所の症状及び全身の症状を治癒させることで効果がより発揮されます。
「視野が広がる」「重い感じがスッキリする」など眼を良好に持って行きす。

お悩みの方へ

眼精疲労は、生活環境の部分を見直さなければ自然には治るのは難しいです。
長引く不快な症状は更なる悪影響になります。
近年特に問題なのはスマートフォンの長時間使用からが多いです。
情報端末の進歩は生活を豊かにさせましたがその分、目を必要以上酷使する癖がついてしまいました。
ですから「ただの疲れ」などと軽く考えず、診察を受け適切な処置をすることが肝心です。
眼は一生使いますので大事にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相模大野タンポポ鍼灸院

ご予約・お問い合せはこちら!

042-745-7772

042-745-7772
お問い合わせはコチラ
受付時間
午前10:00~13:00、午後14:00~19:30
定休日
木曜日・日曜日・金曜日午前

〒252-0303神奈川県相模原市南区7-24-11第一アオイビル4F