生理不順

生理不順の不妊でお困りの方へ

生理不順の不妊でお困りの方へ

相模原×鍼灸 口コミ1位

おかげさまで口コミ支持されています!

業界最大級の口コミサイト「ヘルモア」で相模原×鍼灸で1位の評価をいただきました。

雑誌やメディアにも掲載されました!

インタビュー

相模原の不妊に特化した鍼灸院として紹介されました。

生理理不順でお困りの方へ

女性は成長過程で思春期ごろから閉経までの間、妊娠期間以外は規則的周期で生理があります。
正常な生理周期は、生理開始日から次の生理開始前日までの日数で25~38日、周期の変動が6日以内であります。
生理周期が正常範囲より長い、短いや正常範囲内であっても周期の差が6日以上あるときは生理不順となります。
また生理持続日数は3~7日が正常とされており、生理開始から終わりまでの日数が2日以内を「過短月経」、8日以上続く場合を「過長月経」といいます。
生理周期の不順、持続日数、出血量は月経異常とも呼ばれ放っておくと重症化する場合や隠れた病気による場合もあります。

生理不順の分類

1.稀発月経(きはつげっけい)

生理周期が39日以上続く場合。
ホルモンの分泌量の低下が原因としてあります。
「生理があまりこなくて楽だから」と軽視しがちになりやすいですが、そのままにしておくと正しい生理周期に戻すのが困難になります。
稀発月経を繰り返すと無月経に繋がります。

2.頻発月経(ひんぱつげっけい)

生理周期が24日以内と短く起こることをいいます。
特徴としては排卵後の高温期が短いことが多く、黄体ホルモンの分泌が少ない黄体機能不全が考えられます。
頻発に生理が起こることで貧血になる恐れがあります。

3.続発生無月経(ぞくはつせいむげっけい)

生理周期が90日たっても起こらないことをいいます。
生理が起こらないということは排卵機能が低下している、もしくは停止していることがあります。
生理停止から7ヶ月以上経過しますと排卵障害になる可能性が高まります。

4.原発生無月経(げんぱつせいむげっけい)

18歳を過ぎても初経が起こらないことをいいます。
原因として多いのは卵巣の発育不全です。
また糖尿病や膠原病などの全身疾患にも影響されます。

5.不正周期月経

月経が正常な周期の25~38日でないうえに、稀発月経と頻発月経が交互にきたり、バラバラにきたりするケース。
思春期や更年期に多く、産後や授乳中にもよく見られます。

原因は何?

最も多い原因としてはホルモンの内分泌異常によることです。
生理に必要のあるホルモンの分泌量が多い、少ない、分泌されていないなどで状態は変わります。
また病気などで他のホルモンバランスが変化することで影響を受けることもあります。
器質的な問題では視床下部、下垂体、卵巣、子宮などに腫瘍やポリープといった組織の異常がある場合です。
特に子宮内膜症や子宮筋腫、炎症による子宮周辺の癒着、子宮の形成異常があります。
他にもストレス、生活習慣、体の冷え、喫煙、肥満、過度なダイエットなどは直接的な原因ではありませんが自律神経、ホルモンバランスの変動、血行不良、疲労からの免疫力低下は生理周期、月経異常には大きく反映されます。

生理不順の鍼灸

鍼灸では生理不順はバランスの失調と捉え、機能的異常を中心とした治療を施します。
体の状態を良好にし、卵巣、子宮などの生殖機能の血行を活性化させ、環境を整えていくことで改善に向かいます。
女性の体は思っている以上にデリケートです。
肉体的な疲労からくる肩こりや腰痛、精神的なストレス、冷え、などはホルモンバランスや自律神経、血流の循環がすぐに崩れてします。
病院ではホルモン補充療法が主な治療になりますが、体の健康状態が悪ければ薬を服用していても効かなくなることもありますし、続けることで頭痛やだるさといった不定愁訴に悩まされることもあります。
そうなると本来、あるべき状態から遠くなってしまいます。
生理不順は自分でも気づかないうちに何が原因かわからないということが大半です。
鍼灸治療では悪循環を断ち、正常に働く体のバランスを重視しています。

基礎体温を測ってみましょう!

月経周期には月経開始から約2週間の低温期、排卵後次の月経開始まで約2週間の高温期があります。
正常な月経周期でもこの基礎体温に異常があれば必ず排卵を伴う月経とは限りません。
外見は正常に見える月経周期であっても基礎体温をはかり、その変動をみることで、月経の異常が見つかることがあります。
月経周期だけではなく基礎体温を測り自分の生理を把握することが大事です。

妊娠までの不妊鍼灸3ステージ

相模大野タンポポ鍼灸院のスタンスは6ヶ月間での妊娠を目標にしています。

 

6ヶ月間と聞くと長いように感じるかもしれませんが妊娠のタイミングは毎月1回です。

 

毎月妊娠の可能性があってもご夫婦のお仕事の都合やストレス、疲労、体調不良などが原因でタイミングを上手く取れないこともあり、実際は6ヶ月で半分ほどしかタイミングが持てないことも少なくないと思います。

 

妊娠するためには良好な状態をいかにしてキープするかが何より大事になります。

 

当院の不妊鍼灸では週1回継続して来院される6ヶ月以降からの効果が高いことから最低6ヶ月間は継続して受けていただきたいと考えています。

 

施術ペースの理想が週1回なのは人の体はすぐには変わらないからです。

それはあなたの体は昨日、今日で出来上がった体ではないからです。

生活習慣も見直し不調の原因を根本から正すことが近道となります。

 

期間が空きすぎてたまにしか受けないというのはせっかく上向いた体も時間と共に元に戻ります。

このような場合では時間もお金も浪費してしまいます。

3ステージ

ステージ1

慢性化したあなたの体質を改善していくことを始めていきます。

人の体は3ヶ月で入れ替わると言われております。

車で例えますと今まで違う方向を走っていたハンドルを戻す作業になります。

ステージ2

体の状態を良好に上げていく期間になります。

妊娠しやすい体のステージを目指します。

ステージ3

良好になった体を維持することで妊娠の確率を高めます。

最高のコンディションでいることが不妊治療では大事なことです。

当院の施術方針

想像してください。

 

例えば、あなたが花畑を作ろうとします。

花を植えれば花畑ができると考えがちです。

確かに一時的には美しい花を咲かせるでしょう。

 

しかし、環境が悪ければ生き生きとした花もあっという間に枯れてしまいます。

 

美しい花を維持するためには、乾いた土に水や肥料を与え、充分な日光と良好な風通し、時には雑草を取り除いてあげるなど定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

人の体も畑と同じ

体質改善には根本的な土台作りが必要となります。

いわば土壌を整えずに花を植えるだけのような部分的なマッサージや病院での対処的な薬では、一時的にわずかな改善が見えてもすぐに元通りになってしまいます。

 

当院では良質な畑作りから、つまり健康な身体の土台づくりから行っていきます。

 

土台から整えていくことで見せかけの健康ではなく、症状が根本から改善した本当の意味での健康を目指します。

料金

お問い合わせ

営業時間

矢印

午前
午後

午前10:00~13:00

午後14:00~20:00

受付終了は営業時間終了の30分前となります。

最終施術時間は19時スタートです。

定休日:木曜日、日曜日、金曜午前。

※不定期でお休みをいただくこともあります。

 

相模大野駅から徒歩3分

【相模大野駅から徒歩3分】

相模大野タンポポ鍼灸院は相模大野駅から徒歩3分という通いやすい位置にあります。

 

〒252-0303

神奈川県相模原市南区相模大野7-24-11

第一アオイビル4F。

※エレベーターあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相模大野タンポポ鍼灸院

ご予約・お問い合せはこちら!

042-745-7772

042-745-7772
メールでのお問合せはコチラ
受付時間
午前10:00~13:00、午後14:00~19:30
定休日
木曜日・日曜日・金曜日午前

〒252-0303神奈川県相模原市南区7-24-11第一アオイビル4F